2018年08月01日

下田逸郎で始まり終わるのです。



「さよなら歌舞伎町」
14年、廣木隆一監督作品135分。朝の9:30から翌日の9:30までの物語。前田敦子さんがアパートで歌う「ラブホテル」(下田逸郎さん楽曲)の弾き語りで始まる。前田さんの歌声は惹かれるのです(上手い下手じゃなく)。そしておよそ六つの物語が翌日の明け方に向かって絡まりながら収束していく。この、結末が夜明けにやってくるってのがいいのです。新しい何かの始まりの予感だから。救われるのです。ラストも前田敦子さんの弾き語り。「月のあかり」です。下田逸郎さんで始まったのでラストも下田逸郎バージョンだと勝手に。そしてラストのラスト、深夜、午前0時にいろいろのハッピーエンド。135分はアッと言う間。では、予告編を






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)
 オープニングで心つかまれて。 (2018-12-26 17:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。