2021年02月28日

ヲタクに恋は難しい



「ヲタクに恋は難しい」予告
2020年公開。ミュージカルシーンがこんなにツラいとは。だいたい福田監督で見れた作品て何がある?10本くらい見てるけど。ブログ検索してみたら「明烏」と「銀魂」一作目くらいか?ま、初めて見た作品が指原さん主演のやつでしたけど、めちゃスベった。でモトイ。テレビ録画だったんでラスト近く福島宮城地震速報が入って結局結末まで見られずじまい。でも、見れなくても残念感はゼロでした。









  


Posted by らぼまる at 16:32Comments(0)映画備忘録

2021年02月27日

僕のワンダフル・ライフ



「僕のワンダフル・ライフ」予告
2017年公開。ラッセ・ハルストレム監督作品。え~、ハルストレムってこんな監督やったかなぁ(「シッピング・ニュース」以来見なくなってだいぶ経つけど)。いまいちピンとこん話(っちゅーかこの展開あんまり好きじゃない)でしたが、犬好きの身としては僕が見送った犬たちはあの世で元気に食うちゃ寝てノーテンキに遊びながら僕が会いに行くのを待っていてほしい。ちなみに僕がお薦めの犬映画で真っ先に思い浮かんだのが「マイ・ドッグ・スキップ」(ジェイ・ラッセル監督2000年公開)です、ぜひぜひ。あ〜、「ボンボン」(カルロス・ソリン監督2007年公開アルゼンチン)っちゅーのもお薦めしたい。









  


Posted by らぼまる at 16:43Comments(0)映画備忘録

2021年02月26日

ミスト



「ミスト」予告
2008年公開。コレ、前に見たなと、窓ガラスに化け物が初めて現れる前後で確信した。でもブログに投稿してないので見た頃もその時の感想も不明。さらに「結末を覚えられない病」が治ってないので最後まで見ることにしたのでした。嗚呼、こんなにむごい救いのないラストだったとは。こんな衝撃的な結末なら覚えてそうなのにな。集団の葛藤と対立など群像劇がわかりやすく演出されて面白い。予算のない映画はだいたい一点集中になるので、そこでのドラマが腕の見せどころですよね。僕のお薦めはモンスターパニックもので若かりしスカーレット・ヨハンソンがヒロインの「スパイダーパニック」。小ギャグもテンポよく散りばめて蜘蛛が苦手の僕でもダイジョーブ。シチュエーションは似てるんで両作ともぜひぜひ。









  


Posted by らぼまる at 17:27Comments(0)映画備忘録

2021年02月25日

チア☆ダン



「チア☆ダン」予告
2017年公開。天海祐希さんが通常運転でちょっとツラッ。以上かなぁ。ラスト、メンバーのその後はホントなんすかね。虚実ないまぜならあれはいらんシーンですよね。作りごとなら寒すぎる(呆)それにしても、できれば「アメリカン・グラフィティ」(ジョージ・ルーカス監督1974年公開)、「アニマル・ハウス」(ジョン・ランディス監督1979年公開)スタイルでお願いしたかった。









  


Posted by らぼまる at 16:37Comments(0)映画備忘録

2021年02月24日

北大路魯山人「鍋料理の話」




北大路魯山人「鍋料理の話」。1934(昭和9)年「星岡」初出。興味のある方はぜひぜひ。僕は、いろんな鍋の素が一人でも楽しめて、食材も豊富に加工されてスタンバイされてる現代に生きて良かったなぁと思うのみ。もうちょっと時代が過ぎればこんな食生活も危うくなるかもっすから。ボンビーおっさんはせいぜい今のうちに楽しませてもらいます〜。とか言っても鍋ってあんまり食べなくなったけどね。もとから鍋の締めにうどんとか雑炊とかも遠慮したいタイプです〜(だって満腹じゃん)。






   


  


Posted by らぼまる at 16:36Comments(0)

2021年02月23日

野獣死すべし1980



「野獣死すべし」1980年版予告
1980年公開。この直前に仲代達矢の1959年版を見て分かりました。角川1980年松田優作バージョンは原作じゃない、原案レベルっすね。ムリっぽい力業。優作芝居ありきのための設定っすかね。こりゃどう見てもクールな仲代バージョンの圧倒的勝利っす。1980年版をあえて言うならパンタのREDの世界っすか?それにしても消化不良。この気持ち悪さは人気役者といえども解消できず。










  


Posted by らぼまる at 16:40Comments(0)映画備忘録

2021年02月22日

野獣死すべし1959



「野獣死すべし」1959年版予告
1959年公開。最近、1959年版と1980年版を続けて見まして。原作を読んでなくて1980年版をリアルタイムで観た身としては、こりゃ1980年版て一体なんなんだと気づきまして。原作に近くてクールなのは1959年版の仲代達矢バージョンだったと。40年の時を経てここに解決。すっきり。見るなら1959年版っすよ♪









  


Posted by らぼまる at 16:43Comments(0)映画備忘録

2021年02月21日

ザ・ファブル



「ザ・ファブル」予告
2019年公開。ツカミはOK、お後がよろしくないっす。どんなにアクションしたって超えられない予定調和の世界で役者を無駄遣いしてるようにしか見えないもったいなさ。原作がなければねぇ、それなりに面白かったかも(って、原作知りませんけど)。原作ものならこんなキャスト、豪華すぎ。てか、役者揃えてもオリジナルじゃ映画作れんのかなぁ、イマドキの資金繰りは。映画作りも二次三次四次回収複雑怪奇魑魅魍魎になってきてますなぁ。漫画原作ならせめて「シン・シティ」「シン・シティ 復讐の女神」(フランク・ミラー原作)くらい思い切って欲しかったっす。









  


Posted by らぼまる at 16:32Comments(0)映画備忘録

2021年02月20日

かっこいい名字「碓氷」

碓氷

「碓氷」、うすい、最近知りました、ユースケ・サンタマリアさんのドラマで。珍しい漢字だなと思ってたら駅弁「峠の釜めし」が名物の群馬県碓氷峠も同じ漢字だった、めちゃ有名っすやん。「うすい」さん読みならこの漢字組合せが一番かっこいいのでは。でもキャラ次第では存在加減や頭髪の状態でいじられそうな名字ではあるなぁ。








  


Posted by らぼまる at 23:38Comments(0)かっこいい名字

2021年02月20日

私の頭の中の消しゴム



「私の頭の中の消しゴム」予告
2005年公開。当時の深夜ラジオ「ABCアシッド映画館」で平野秀朗氏が絶賛してたけどタイミング悪く見逃した。あれから16年、やっと見た(笑)なんせ、当時の濃い映画情報はこの番組と「サイキック青年団」で仕入れてたもんで。見た気になるなら朝のMBSラジオ「ありがとう浜村淳です」ですけどね。しかし、日本のドラマがベースだったとは。そしてそのドラマを見てないとは。忙しかったんすねぇ、あの頃(しみじみ)。いや、当時の平野センセの言うとーり、ソン・イェジン可愛い。ウィキしたら、なんとつい最近話題になったドラマ「愛の不時着」でもヒロインしてました(見てないっすけど)。ぜひぜひ。











  


Posted by らぼまる at 17:02Comments(0)映画備忘録