2016年07月05日

コンサルは飛んでいく

昨夜、コンサルは飛んでいく、と突然に思いついたけど、説明ぽい文章を書いていくとただの悪口になっちゃったんで、惜しいけどボツに。ちなみに締めは、僕ならポセイドンアドベンチャーのジーンハックマン牧師とアーネストボーグナイン刑事についていくと結んだ、ボツだけど。



  

Posted by らぼまる at 16:12Comments(0)このフレーズ雑記

2015年11月17日

永遠の餃子とラーメン。

餃子とラーメン

ワイドナショーのラストでめっちゃ盛り上がったニュース、餃子とラーメン頼んだらまずは餃子が先やろの件。え〜っ!今頃〜っ!ですわ。かつて深夜ラジオ「誠のサイキック青年団」で、北野誠さんと竹内義和さんが餃子とラーメンについて熱く語っていたことを思い出した。最初に餃子とビールで一杯やりたいのに、そこにラーメンが出てくるってみたいな(笑)ほとんどの店がラーメンが先かふたつ同時かみたいな。餃子を先にちょうだいと言っても結果は効果ないらしいし。もちろん、僕も優先権が大事派で、餃子が先派っすけど。まさか、その話題が10年ちかく(以上か)経った今でも、さらに熱く燃え盛るとは。これほど客が思ってるのに、なぜに店のオヤジにはいつまで経ってもその切なる想いが伝わらないのか、そっちのほうも不思議っすけどね(合掌)





【餃子ラーメンお試しセット】テンホウ食い倒れセット




北野誠×竹内義和“濃い口”トークラジオ






  

Posted by らぼまる at 14:25Comments(0)縁側プレゼンこのフレーズ

2015年06月28日

ちょっと気になる。

ほぼカニ


カニカマの「ほぼカニ」。ネーミングの威力はどうだったんでしょ?爆発したのか〜。



  

Posted by らぼまる at 00:14Comments(0)質問箱広告採集とかこのフレーズ

2015年01月01日

あけましておめでとうございます。

一匹羊だ


一匹羊だ。
できることなら波風たてず穏やかに時をやり過ごせる一年になりますように。









  

Posted by らぼまる at 01:08Comments(0)このフレーズ

2014年12月08日

こ、これは!「12月のカンガルー」




SKE48の「12月のカンガルー」って、タイトルがキャッチコピーで、歌詞がボディコピーだった(笑)






洗濯の時に活躍。アイデアグッズのカンガルーエプロン♪(カンガルーランドリーエプロン)








  

Posted by らぼまる at 00:12Comments(0)縁側プレゼンこのフレーズ音楽

2014年11月03日

うつくしいもの



ドラマ「昨夜のカレー、明日のパン」で、岩井さんから大金をだまし取った小学生の女の子がテツコさんの前でつぶやいた八木重吉の詩「うつくしいもの」。青空文庫にありました。八木重吉「秋の瞳」に収められた一編です。もう一冊の詩集「貧しき信徒」も一緒にダウンロードしました。小学生、ありがとう。



八木重吉のことば/八木重吉






  

2014年10月20日

せんべろはらもさんだったのか〜

「せんべろ」とは千円でベロベロに酔える店のこと。この言い出しっぺが中島らもさんだったとは。さすがですなぁ。





せんべろ探偵が行く/中島らも




  

Posted by らぼまる at 15:58Comments(0)このフレーズ

2014年10月06日

いまさらそれは諸刃の剣(笑)


野菜洗浄器にもなる小型洗濯機


洗剤のCMの世代臭って〜!これはめっちゃいいネーミング(か?)やと思ってるかもっすが、結局、オヤジに限らずみ〜んな臭かったってことじゃん。人間だもの(笑)





お父さんの加齢臭を分解するピロケース





  

2014年09月01日

●今さらですが、ふところ深っ!



ザ・クロマニヨンズの「キスまでいける」、録画してたMJで見ました、聞きました。いい詩だなぁ。今さらながらなんでこんな詩を書けるんだろう。と、初めてレビューを検索してみたら、いやぁいろんな受けとりかたがあってびっくり。ふところ深っ!です♪





  

Posted by らぼまる at 17:26Comments(0)このフレーズ音楽動画コレ

2014年05月16日

●お茶の間とハナキン


朝日新聞ラテ欄の試写室の記事で、一週間の仕事を終えた金曜の夜という文章を読んでハテナと思った。お茶の間が消えてずいぶん経つけど、ハナキンはまだ健在なのか?これだけ働きかたも環境も変化してるのにハナキンだけが無傷なわけはないだろうと思うが。しかし、お茶の間もハナキンもまだまだ元気だと思ってる人も多いんでしょうね。ホントはどうなんでしょ?







  

Posted by らぼまる at 12:58Comments(0)質問箱シックリこんこのフレーズ

2014年03月15日

●刑事スタスキー&ハッチ



昔々のテレビドラマ「刑事スタスキー&ハッチ」(押したらオープニング映像にジャンプ)。ある回で、犯人を追ってレストランの厨房へ駆け込んだスタさんとハッチ刑事。スパゲティかなにかの皿に指が触れて、走りながらその指をなめたスタさんが一言、「ソースがちょっと甘いな?」とかなんとか。その言葉を残して厨房を駆け抜けていく二人。セリフはうろ覚えながら、思えばこの時に日本のドラマにはあまりなかった、会話のシャレっけや面白さを感じてたと思うのです。




フォード グラントリノ1972レッド




  

Posted by らぼまる at 01:00Comments(0)このフレーズ

2014年03月13日

●ホットロック



レッドフォードと仲間の会話で「すまん、ぜんぶ俺のせいだ」「気にするな、ぜんぶお前のせいだ」みたいなやりとりに爆笑した記憶がある。いまでもこんなの大好きっす。



  

Posted by らぼまる at 15:43Comments(0)このフレーズ

2013年11月02日

●うまいこと言うた(自己満)



偽・誤・飾、三酷史。
世をにぎわす食材偽装表示。三国志にピタッとハマって、思いついた時はちょっと嬉しかったんすけど。しかしこれからもどんどん黒歴史が広がっていくんすかね〜。どのお店も誤解だ認識不足だと言っても高額なほうへ間違えこそすれ、万が一にも誤って安い食材の表示にしてましたという店がないのがお見事(笑)ちなみに我が家が毎年購入する恒例のおせちの華は伊勢エビじゃなくロブスターです(キッパリ 笑)




  

Posted by らぼまる at 00:42Comments(0)このフレーズ

2013年07月16日

●お手本にして精進します♪

爆笑問題のラジオ

真夜中のカーボーイで聴いた

「ティファニーでチョーショック」

ネットで見つけた

HKT指原さんとAKB島崎さんのユニット名

「博多と塩」

お見事です〜と爆笑した。

うまいな〜、お手本です♪
  

Posted by らぼまる at 10:33Comments(0)このフレーズ

2012年12月13日

●ええ感じで聞き間違えた♪

ニッポンをトレモロっす!

ねっ、なにやらええ感じのキャッチフレーズみたいやん。

しかし、僕はトレモロ奏法ができません。

てか、練習したこともないっす(笑)  

Posted by らぼまる at 00:17Comments(0)このフレーズ

2012年03月18日

●仮説と事実。

『証拠が目の前にあるのに、

仮説を優先すると事実を歪める。

事実あっての理論だ!』



ガイ・リッチー監督「シャーロック・ホームズ」でのホームズの言葉です。

シャーロック・ホームズ
  

Posted by らぼまる at 00:25Comments(0)このフレーズ

2012年03月11日

●おとなだって おとなになれないときがある


今朝の朝日のグリコの全面広告です。

そのリードコピーの一文、

おとなだって おとなになれないときがある

に思わずそうやなぁとしみじみしてしまった。

同じ朝日の雑誌告知広告で

クレアが「人生をリセットする4つの国へ」とかゆーてて

リセットとか簡単にゆーなボケ、とか思て

次に見たんがグリコの広告やったから余計にね。

でも、クレアは昔々はけっこう読んでた好きな雑誌やったけど。

にしてもグリコワゴン、ブレーキランプとウィンカーがジャイアントコーンやん(笑)

あ〜、ちょっとホンモン見てみたい。
  

Posted by らぼまる at 12:00Comments(0)このフレーズ

2012年01月27日

●細田監督のハウルも観てみたかった「時をかける少女」



細田守監督はジブリに請われて移籍し
「ハウルの動く城」を撮り始めてたっちゅー噂もある人らしく、
結局はハウルは宮崎さんが撮ることになり
ジブリを辞してから撮ったのがこの「時かけ」らしい。
細田さんの「ハウル」も観てみたかったね〜。
ま、宮崎さんは「ゲド戦記」の時も、
絵コンテをあげて「俺が撮る〜」とゆったらしいし、
それはそれでチャーミングなエピソードやと思うけど。
で、このセリフ。
「帰らなきゃいけなかったのに、いつのまにか夏になった。
おまえらと一緒にいるのがあんまり楽しくてさ」。

ジンとしみるセリフっすね。
(070625メモ)

  

Posted by らぼまる at 00:06Comments(0)このフレーズ

2012年01月26日

●不覚にも笑てもたんで紹介します(笑)

静岡茶の 「茶ップリン」


楽天で出会い頭的に「茶ップリン」の文字が目に飛び込んで

不覚にもプッと吹き出してもた。

今みたら、さして面白くもないように思うけど

なんか文字面が脱力してたんかな〜。

ひらがなやったら「茶っぷりん」か。

ま、ロゴのつくりにもよるかもっすが

ひらがなのほうが展開は自在そうやけど

やっぱカタカナのほーがいいっすね、顔が(笑)

さりげなく打たれ強い遊びの心意気が感じられて(笑)

そやけど、ホンマにつこてるこの商品のロゴは

残念ながらボクのイメージとちゃいすぎ〜(笑)

せっかくの名前やのにもったいないと思うのは

大きなお世話に違いないっす。  

Posted by らぼまる at 16:16Comments(0)このフレーズ

2011年11月02日

●人間は醜い、されど人生は美しい。



NHK日曜美術館の10月末放送のロートレック特集

「人間は醜い、されど人生は美しい〜ロートレックが愛した女たち〜」

を見て、ロートレックが遺した言葉

「人間は醜い、されど人生は美しい。」

を初めて知ったのでした。

番組ではロートレックの半生を描いた

映画「赤い風車」(1952年)を紹介してたけど

こっちのエンタ豊かな映画もお薦めです♪

ロートレックが主役じゃないっすけどね。

ムーラン・ルージュ  

Posted by らぼまる at 17:23Comments(0)このフレーズ

2011年05月22日

●何も決めていない掃除婦が働く♪



陽水さんの「ミスコンテスト」という歌の
3番に出てくる歌詞のフレーズなんですけど
けっこう好きで♪

全体の歌詞はコチラで♪
http://music.j-total.net/data/002i/012_inoue_yousui/051.html

ね、ミスコンに見立てた歌詞が意味深〜。
いや、流行りの深イイってんじゃないっすよ(笑)
曲はディランの「コーヒーをもう一杯」っぽいです。  
タグ :井上陽水


Posted by らぼまる at 17:51Comments(0)このフレーズ

2010年12月26日

●真実とメディアの関係。

『犯罪者は真実に背を向けるが、

マスコミは真実をなんとも思っちゃいない。

真実を語ったほうが好都合だという特別な場合をのぞいて、

真実はマスコミになんの力も持たない。』




05年に読んだ小説「ハリウッドは鎮魂歌を奏でる」の

ロックウッド刑事のセリフ(287ページ)。

作者のヘレン・ノードは、あの「ブラック・ダリア」

「LAコンフィデンシャル」を書いたJ・エルロイの

嫁さんです。で、これが処女作。上手すぎです。

  

Posted by らぼまる at 00:07Comments(0)このフレーズ

2010年12月25日

●痛む足には♪

『痛む足にはブタ腹がいちばん』



「アリス・イン・ワンダーランド」での

赤の女王のセリフ。

我が家ではシーズー腹しか試せませんけど(笑)




確かにプニュプニュで気持ちいい♪

ちなみにワンダーランドの夢を見て

「私、おかしくなった」と言う幼いアリスに

『偉大な人はみんなおかしいのさ』と微笑む

パパの言葉もグッド♪

ビッグ・フィッシュ

しかし、このくだりは「ビッグ・フィッシュ」の

親子の逆転バージョンとも言えますな。

  

Posted by らぼまる at 00:35Comments(0)このフレーズ

2010年12月12日

●今年でもないし流行ってもないかもですが。


ビオレのスキスキスキンシップに大賞をあげたい♪

今年はスキスキ手洗いってスキスキ運動を拡張してたけど

評判はどうだったのかな?

  


Posted by らぼまる at 21:47Comments(0)このフレーズ

2010年12月08日

●自分の値うちについて。

『自分にそれだけの値うちがないって知ることには、

なんの値うちもないよ!』





「SNOOPYののんきが一番」の

1巻「何をしようかな」の80ページに掲載。

チャーリーに、スヌーピーの世話に

いくらのお金がかかってるかを

しつこく言われ追い回されて、

最後にスヌーピーが小屋にもたれて

やるせなくつぶやくセリフです。

  

Posted by らぼまる at 17:30Comments(0)このフレーズ

2010年12月01日

●国家の価値は。

『国民のなかでもっとも弱い層をどう扱うかによって、

その国家の価値が決まるのだ。』



昨日に続いて、小説「女性キャスター」から。

ケネディ大統領かルーズベルト大統領の声明が元ネタらしい。  

Posted by らぼまる at 14:32Comments(0)このフレーズ

2010年11月30日

●煙草がほしいという衝動は。

『煙草がほしいという衝動は、

だいたい五分から七分ぐらいつづくといわれている。

それに耐え抜くことができれば、

衝動は消えていく。』




小説「女性キャスター」(メアリ・J・クラーク、講談社文庫)の

217ページにある言葉です。

禁煙を目指す皆様、健闘を祈ります。

ちなみにボクは禁煙して1年ちょっと。

もうダイジョブです♪  
タグ :禁煙


Posted by らぼまる at 23:54Comments(0)このフレーズ

2010年10月31日

●「安いのは好き、安っぽいのは嫌い」なう。

ちふれのCM。

いや〜、コピーですね〜。
  

Posted by らぼまる at 12:26Comments(0)このフレーズ