2022年08月02日

恋の片道切符(1960年)



篠田正浩監督脚本、小坂一也、牧紀子、平尾昌晃、鳳八千代。いや〜、青春恋愛ものと思いきや全然違った。生け贄男と棚上げ女の恋愛物語。やっと職を手に入れた二十歳のあぶれバンドマン、その友達の流れ流れてヤクザ稼業の気のいい男、アイドル稼業に嫌気が差した売り出し中のロカビリー歌手、酸いも甘いものやり手女マネ、不倫の末にヌードダンサーに志願する行き倒れ女、不倫ストーカーのピストル男、そんなこんながこんがらがって貧乏くじを引くのは誰だ。ちなみにカントリーやロカビリーで人気だった主役の小坂一也さんと言えば昔、「春になれば」(作詞喜多条忠・作曲吉田拓郎)でちょっとした再ブレイクを果たしたのを思い出しました。




  


Posted by らぼまる at 23:44Comments(0)映画2022

2022年08月01日

クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年)



髙橋渉監督。久しぶりのかすかべ防衛隊、でもイマイチ望んでた展開じゃなく。あれ、ネネちゃん、うさぎ殴ってたっけ?なかったかも。見逃した?しかし、せっかくのかすかべ防衛隊なのにもっと濃い展開が欲しかった。ヒロシの名言「弱音と二日酔いは吐いたら楽になる」は激しく同意。ま、イチオシの名言は「しんのすけのいない世界に未練なんてあるか」(by嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦)なんすけど。




  


Posted by らぼまる at 23:44Comments(0)映画2022

2022年07月31日

たそがれ酒場(1955年)

たそがれ酒場

メニュー

内田吐夢監督、小杉勇、小野比呂志、宮原卓也、津島恵子、野添ひとみ。場末の大衆酒場の開店前から閉店後までの賑やかな一夜の物語。名作です。画像は酒場のワンシーンで中二階みたいなところがステージになっているでかい酒場です。敗戦から10年、いろんな人が集い、いろんな事が起こり、いろんな感情が交わり、酒場の踊り子エミー・ローザは司会者に「原爆的人気のストリッパー」と紹介されます。そして客が帰った夜、傷心の老画家と老ピアニストは「未来は青年のものだ」と語り合います。この寂しく逞しく優しい濃密な時間をぜひぜひ。ちなみに酒場のメニュー画像もご参考までに。




  


Posted by らぼまる at 23:37Comments(0)映画2022

2022年07月30日

99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE(2021年)



木村ひさし監督、松本潤主演、杉咲花。ドラマのファンすけど、つまんなかったなぁ。杉咲花の林家パー子、うざかったなぁ。話も無理やり伸ばした感ありでイマイチでした。




  


Posted by らぼまる at 23:48Comments(0)映画2022

2022年07月30日

ちむどんどん



来週から予約録画やめます、もう見ないです。って、今週の中くらいから見てませんが。先週は音声なしの早送りでなんとか見てました。限界です。離脱です。




  


Posted by らぼまる at 17:13Comments(0)

2022年07月29日

君は永遠にそいつらより若い(2021年)



吉野竜平監督脚本、佐久間由衣主演、奈緒。原作は津村記久子の同名小説。主演の佐久間由衣は大学4年、和歌山県紀の川市出身の設定で就職先は田辺市の児童相談所と鑑賞後にウィキで知った。映画でそこまでわかったのかなぁ。めちゃくちゃヘビーになっていくラストまでは大学あるある感で見てたけど、それぞれのエピソードがあまり好みじゃないんで、オススメとは言えず。主人公(たぶん?)が口にする「鼻血ブーだね」のセリフに谷岡ヤスジは永遠だと拍手。ちなみに主人公の部屋にあるカバーがキルティング柄の丸いクッションが我が家のと一緒でした。主題歌は小谷美沙子の「眠れない」。いいなと思ったけど、今の僕には聞く環境がない。家では聞かないし車ではAMラジオやから。




  


Posted by らぼまる at 23:43Comments(0)映画2022

2022年07月28日

吉行エイスケ 「東京ロマンティック恋愛記」



1931(昭和6)年「近代生活」4月号初出。朗読時間約17分。作家の吉行淳之介氏、女優の吉行和子氏のお父さんです。上手いなぁと感心する比喩と形容詞の嵐で、コンパクトに済む言葉がなかなかなかなか。その一個一個は素敵なんすけど隙間なく連続攻撃されると「素敵」に打たれすぎたパンチドランカー状態で、今がどんな状況なのか迷子になって、終わった時になんのこっちゃとなってしまうのでした。ま、単にこっちの受け取る感受性が貧弱なだけっすが。嗚呼、豊かさってなんだろうなぁ、と91年後のため息。




  


Posted by らぼまる at 23:32Comments(0)本・朗読2022

2022年07月28日

自分史上

自分史上とかいう
知らんがなの賛辞


あるいは評価。僕の場合、いくら私史上最高と評価したところでそれが低ハードルで世間的にまったく物知らずで大したことがない見識だということを自身がよ〜く知っているのです。オマエ誰やねん、知らんがな、っちゅーことです。




  


Posted by らぼまる at 16:50Comments(0)今日のナーバス

2022年07月27日

クリーム大福みたいなホイップぱん

クリーム大福みたいなホイップぱん

フジパンのクリーム大福みたいなホイップぱん、327kcal。「大福みたいな」シリーズを覆しての「クリーム大福みたいな」って。「大福みたいな」シリーズネタ切れの苦し紛れなのか。しれっと敗北宣言と受け取ってもいいのか。それとも中休みのギャグなのか、小ネタなのか。フジパン好きの俺的にはスベってますけど。味はめちゃ甘くても妄想は辛口だぜ。残念デス。




  


Posted by らぼまる at 23:29Comments(0)おやつ2022

2022年07月26日

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年)



山崎貴監督脚本、堺雅人、高畑充希主演。原作は西岸良平の漫画「鎌倉ものがたり」。こういうのピンとこず。やっぱ実写より漫画で味わうもんかなと、西岸ファンじゃないっすけど絵は嫌いじゃないし。鬼太郎のエピソードとしての実写なら楽しめたかも。あ、アニメなら面白かったのかなぁ。いや、映画にタッチ寄せたらジブリもどきになっちゃうしなぁ。やっぱ漫画だな。行間のごとくコマ間を想像力で埋めるのだ。




  


Posted by らぼまる at 23:34Comments(0)映画2022