2018年01月26日

1分に1回「どないやねん!」



「わんワンロード〜全米横断5500キロの旅〜」
往年の名女優リリアン・ギッシュの101作目の作品だそーだ。100作目がめっちゃ記念すべき良い作品であったことを祈りたい。もーね、1分に最低1回は「どないやねん」って突っ込める大駄作っす。監督はドキュメンタリー出身らしいけど、この人、監督の才能ゼロかも。それでも、どんなにひどいか恐いモン観たさの人は止めへんけど。ストーリーもエピソードの深みもまったくない〜。ある意味、どないしたらここまで失敗できるのか不思議な作品でした。唯一、主役の犬のハンボーンがコッカースパニエルとペキニーズのMIXで、目から下がペキニーズで面白いっちゅーのが観る価値のあるところか。あとは、あのOJ・シンプソンがトラック運転手で出演してます。(041212)



備長炭の置物 コッカースパニエル


ペキニーズのフィギュア付きフォトフレーム


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ヴァネッサの貫禄 (2018-05-21 00:36)
 アメリカはでかい (2018-05-19 22:40)
 それはマトリックスの… (2018-05-19 00:33)
 まったく知らなかっただけに新鮮 (2018-05-18 00:03)
 歌姫ヘイリー・ベネットもよろしく (2018-05-17 00:17)
 瀬々敬久監督初体験 (2018-05-16 00:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。