2018年01月22日

韓国の暮らし文化を覗き見



「20のアイデンティティ」
84年に開校した国立の韓国映画アカデミー創立20周年を記念して、同校出身の20人の映画監督が「20」をテーマに競作した短編オムニバス映画。「グエムル」のポン・ジュノ監督の作品は、ロケ地が「グエムル」と同じような気が。川沿いの売店も同じ気が。にしても、よく作ったな〜。映像のゴッタ煮で、お〜ッと思う作品もあれば、ほえッと肩すかしのもあり、思わずうなる実験的な映像もあり、韓国の暮らし文化もかいまみることができて楽しい。面白いっすよ。(090315)



村田園万能茶 【20種配合ブレンド茶】


同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
マカロニとメカニック「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ヴァネッサの貫禄 (2018-05-21 00:36)
 アメリカはでかい (2018-05-19 22:40)
 それはマトリックスの… (2018-05-19 00:33)
 まったく知らなかっただけに新鮮 (2018-05-18 00:03)
 歌姫ヘイリー・ベネットもよろしく (2018-05-17 00:17)
 瀬々敬久監督初体験 (2018-05-16 00:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。