2016年12月19日

ベタのルーツは



1972年の韓国テグとソウルが舞台のロックバンド青春ムービー。井筒監督の「パッチギ!」が68年の京都なら、ゴダールはストーンズの「ワン・プラス・ワン」で68年のロンドン。そして4年後の72年韓国はこんなんになってた!日本では73年に金大中拉致事件があったんだな〜。事件の真実に迫ったとゆわれてる阪本順治監督「KT」も必見です!で、その頃のソウルの、若者達のお話です。余談すが、「GOGO70s」を見ると今のKPOPのダンスネーミングとかのベタさ加減などセンスと文化の違いがわかって意外と面白いのです♪(100117)



同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 面白かったのはタイトルだけ (2018-01-16 00:01)
 風呂敷はひろがったままで結局は (2018-01-15 00:32)
 あなたもモンブランの万年筆が欲しくなる (2018-01-14 00:11)
 こだわりの空回りもミステリー。 (2018-01-13 00:18)
 西堀栄三郎さんは面白かった。 (2018-01-12 00:16)
 犬の映画ではないんです (2018-01-11 00:14)

Posted by らぼまる at 16:17│Comments(0)映画雑記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。