2015年11月10日

かぞくのくに




12年ヤン・ヨンヒ監督作品。見ながら、シーンの電柱の住所とかをヒントにストリートビューでロケ地探し(笑)わかりました!千住龍田町15。家族が営む喫茶店と家。ちょっと感動〜。で、お話。在日コリアンの両親と兄妹の家族で、72年に中学生の兄だけが北朝鮮に移住し、97年に病気治療で帰国してくる話。兄が妹にスパイの道へ誘うシーン。けっこうな衝撃でした。そして、なにげない日常の町の風景がいいのです。そしてこんな当たり前の街並の中に、この家族も友人も暮らしてるんだと。思い出したのは阪本監督の「KT」、そして五條瑛氏の一連の小説。ちょっと物足りない感じもしたけど、そのあたりのモヤモヤ感がいいのかもしれませんなぁ。(151107)



KT



プラチナ・ビーズ/五條瑛



スリーウェイ・ワルツ/五條瑛



スリー・アゲーツ/五條瑛



夢の中の魚(さかな)/五條瑛







同じカテゴリー(映画)の記事画像
まさかのディラン!
涙でいいの
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
同じカテゴリー(映画)の記事
 語れば長くなるので、良かったで済ませたい。 (2017-12-15 00:50)
 恋愛イジイジ系コメディやったりして (2017-12-14 00:26)
 この時期の15年って案外と激動だったんだな〜ってことですか (2017-12-13 00:44)
 靴磨きしてる靴がスニーカーというオープニングから (2017-12-12 00:46)
 オーディオコメンタリーもぜひぜひ。 (2017-12-11 00:54)
 しかし、続編をつくるつもりなのか? (2017-12-10 00:33)

Posted by らぼまる at 18:02│Comments(0)映画
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。