2022年08月04日

大阪圭吉「寝台車事件」



1940(昭和14)年「週刊朝日」1月号初出。朗読時間約28分。新婚旅行の寝台列車で起こる思い違いだと思ってトラブルになったことが実は思い違いじゃなく夜が明けて真実にたどり着いたらトンデモナイ大物が出てきたの、開戦前ならではのお手柄ミステリー。けど、なんとなくストレートで大阪作品としては物足りなく。初々しく可愛いオチなんすけどね。






同じカテゴリー(本・朗読2022)の記事画像
与謝野晶子「食糧騒動について」
アントン・チェーホフ「天才」
芥川龍之介「寒さ」
同じカテゴリー(本・朗読2022)の記事
 吉行エイスケ 「東京ロマンティック恋愛記」 (2022-07-28 23:32)
 モーリス・ルヴェル「老嬢と猫」 (2022-07-24 23:43)
 芥川龍之介 「老年」 (2022-07-16 16:40)
 久生十蘭「黄泉から」 (2022-07-10 17:31)
 岡本かの子「過去世」 (2022-07-06 16:21)
 大阪圭吉「恐ろしき時計店」 (2022-06-30 16:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。