2022年07月22日

あのこは貴族(2021年)



岨手由貴子監督脚本、門脇麦主演、水原希子、高良健吾、石橋静河。原作は山内マリコの同名小説。東京は住み分けされてて違う階層の人とは出会わないようにできてるんだとか(そうか、出会うとしたら交通事故だとかそんな偶発的出来事か)。それにしてもあまりに偶然が多発する話だった。しかし結局、誰が見てどんな気持ちになればよい映画だったんだろ。なんも思わんかったオッサンは?誰かに「それ正解!」と言って欲しいっす。ちなみに主役の名前がハイバラと聞いてソッコー「ナニワ金融道」の灰原を思い浮かべてそのギャップにフッと笑ったのでした。主人公の名前は「榛原華子」でしたけど。ちなみに山内マリコ作品で門脇麦出演で映画化された「ここは退屈迎えに来て」(2018年廣木隆一監督、門脇麦、橋本愛、成田凌、渡辺大知)は面白いっす。






同じカテゴリー(映画2022)の記事画像
たそがれ酒場(1955年)
二人の息子(1961年)
同じカテゴリー(映画2022)の記事
 恋の片道切符(1960年) (2022-08-02 23:44)
 クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年) (2022-08-01 23:44)
 たそがれ酒場(1955年) (2022-07-31 23:37)
 99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE(2021年) (2022-07-30 23:48)
 君は永遠にそいつらより若い(2021年) (2022-07-29 23:43)
 DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年) (2022-07-26 23:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。