2022年07月18日

やがて海へと届く(2022年)



中川龍太郎監督脚本、岸井ゆきの主演、浜辺美波、杉野遥亮。原作は彩瀬まるの同名小説。後半、津波話のいきなり感に面食らう。なんか、えっ、そこへいく、みたいな感じ。いきなりリアル。留守電がスイッチなんですが。唐突すぎて気持ちがついていかん。それはともかく、前半は岸井視点、震災地の訪問を挟んだ後半は浜辺視点。趣は真逆なものの「イニシエーション・ラブ」(堤幸彦監督2015年)を思い出した。しかし、なぜわざわざ震災と結びつけるのか、その意味がわかりません。と書いて、後にウィキから作者の彩瀬さんが2011年3月11日、一人旅の途中の福島で被災されたことがわかったのでした。しかし、にしても、映画の展開ではとてもモヤモヤです。そこだけ空気が変わるから。気分としてはフィクションの出来事(原作から外れてでも)で通して欲しかったなぁ。






同じカテゴリー(映画2022)の記事画像
たそがれ酒場(1955年)
二人の息子(1961年)
同じカテゴリー(映画2022)の記事
 恋の片道切符(1960年) (2022-08-02 23:44)
 クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年) (2022-08-01 23:44)
 たそがれ酒場(1955年) (2022-07-31 23:37)
 99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE(2021年) (2022-07-30 23:48)
 君は永遠にそいつらより若い(2021年) (2022-07-29 23:43)
 DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年) (2022-07-26 23:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。