2022年07月10日

久生十蘭「黄泉から」



1970(昭和45)年「久生十蘭全集」1月より(初出年月わからず)。朗読時間約38分。主人公の名前が魚返(おがえり)光太郎。初めて聞く名字に惹き込まれ。いい名前ですよね。しかし、この男、変にクール。この性根は、ま、ほんわかムードで終わってるけど、死んでも治んないでしょう。人間そんなもんだし、それで良しと思うし、悪い事だとは思わないけど、そうは思わない、間違っていると考える人も多いので困る。ジャングルで雪を降らせたと描かれる「幾億幾千万とも知れないかげろうの大群」は例えばこんな感じかなぁ。だから僕はこの結末、あんまり何も感じなかったのです。






同じカテゴリー(本・朗読2022)の記事画像
与謝野晶子「食糧騒動について」
アントン・チェーホフ「天才」
芥川龍之介「寒さ」
同じカテゴリー(本・朗読2022)の記事
 大阪圭吉「寝台車事件」 (2022-08-04 23:43)
 吉行エイスケ 「東京ロマンティック恋愛記」 (2022-07-28 23:32)
 モーリス・ルヴェル「老嬢と猫」 (2022-07-24 23:43)
 芥川龍之介 「老年」 (2022-07-16 16:40)
 岡本かの子「過去世」 (2022-07-06 16:21)
 大阪圭吉「恐ろしき時計店」 (2022-06-30 16:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。