2022年06月17日

いとみち(2021年)



横浜聡子監督、駒井蓮主演。原作は越谷オサムの同名小説。横浜監督だったとは、見終わって知った。「ジャーマン+雨」(2006年、監督脚本)懐かしいなぁ。ウィキしたら監督、青森出身でした。いとみちとは三味線の弦を押さえる指にできる凹みのこと。僕にもあります、ギターを弾く凹み。弾き倒すと一旦硬くなった指先が柔らかくなると聞いたことがありますが、まだ硬いまま。家康が大名の動向を探るために全国に忍者を放ったけど東北だけは何言ってるんだか意味がわかんなかったという話を読んだ記憶があるけど、本作も津軽弁シーンはわかりません。そして、好きな終わり方です。ラストシーン忘れ症候群の僕もこれは忘れないっす。ぜひぜひ。






同じカテゴリー(映画2022)の記事画像
たそがれ酒場(1955年)
二人の息子(1961年)
同じカテゴリー(映画2022)の記事
 恋の片道切符(1960年) (2022-08-02 23:44)
 クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年) (2022-08-01 23:44)
 たそがれ酒場(1955年) (2022-07-31 23:37)
 99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE(2021年) (2022-07-30 23:48)
 君は永遠にそいつらより若い(2021年) (2022-07-29 23:43)
 DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年) (2022-07-26 23:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。