2019年01月14日

ポージングが若干ムリっぽい



「赤い波止場」
日活58年公開99分。舛田利雄監督、石原裕次郎主演。舞台は神戸の港町で全編神戸ロケ。上下白のスーツで決めた裕次郎さんがふ頭を歩くタイトルシーンはカッコいいんすけど(構図も)、そこここの場面でマドロススタイルで片足を上げる決めポーズは、これが今見るとバランス的に結構ムリっぽいのもあって、足の長さ、かっこよさを強調するためでもちょっと笑えたのでした。北原三枝さんが船上で腰掛けるシーンもムリっぽくてちょっとねでした。ま、時代っすかね。では劇場予告編をどうぞ。



3D立体パズル 3D World Style Series 波止場



同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)
 オープニングで心つかまれて。 (2018-12-26 17:06)
 具の割にコクがないポタージュみたいな。 (2018-12-24 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。