2019年01月06日

薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。



「サムライ」
67年イタリア制作、ジャン=ピエール・メルヴィル監督・脚本作品。殺害現場を目撃された殺し屋の物語。アラン・ドロンの演技はもちろん、それぞれの室内の計算された趣、街や地下鉄の雰囲気、色彩がなんとも言えずいいっす。見てるうちに松田優作さんの映画とかもダブってきて、ああ、なるほどこの作品はけっこうあちこちに影響を及ぼしてるんだなとか。では予告編をぜひぜひ、字幕はありませんが雰囲気だけ。ちなみに始まりに薄暗い部屋に流れる煙草の煙がゴロワーズならムッシュかまやつ「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」ですけど。



フランスパン ペンポーチ (ペンケース/小物入れ)



同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)
 オープニングで心つかまれて。 (2018-12-26 17:06)
 具の割にコクがないポタージュみたいな。 (2018-12-24 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。