2018年12月29日

BGMなしが心地よい。



「部屋 THE ROOM」
園子温監督作品、93年93分。希望を満たす部屋を探す年老いた殺し屋と案内する不動産屋の女性係員の物語。モノクロ。BGMなしが心地よい。好き嫌いはハッキリ分かれると思うけど、ロケーションがいい。電車の窓に流れる風景も、無人の電車内を捉えたシーンも、軽四の窓の隙間から見える町の風景も、幾何学模様のようなレトロな喫茶店も、ゴージャスな部屋も、ホテルの一室も。そして、回ってるのか不安になる(笑)長回し。見てるとすべてが心地よくなってくる。人が行き交う路地で仁王立ちする麿さんの前を右から左へ横切るノーリードのバセットハウンド。あれはハッとして笑った、なんで?って。そして殺し屋と女性係員の関係もきになる。ま、薦めはしませんが、関心があれば是非。自主映画っぽいですよ。



バセットハウンドのチャールズ アニマルオブジェ



同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 オープニングで心つかまれて。 (2018-12-26 17:06)
 具の割にコクがないポタージュみたいな。 (2018-12-24 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。