2018年12月27日

いやいやそうじゃなくて殺しの方法は〜!



小酒井不木「外務大臣の死」。1926(大正15)年「苦楽」2月号に掲載。殺人芸術家たる犯人に殺人評論家として挑む探偵の短編。江戸川乱歩とか横溝正史の上の世代?の推理作家みたいですが。話はほぼ心理戦で結末を迎えるわけですが、ゲスな私は外務大臣が死んだからくり(とまでもいかないけど)、詳細を知りたいわけでして。なんか肩透かしを食らった気分で、そんなスマートに終わられてもね、みたいな後味なのでした。興味のある方は青空文庫で。



『AMENIMO MAKEZU』



同じカテゴリー()の記事画像
相撲問題
思いがけず景山さん
キター(死語?)音道刑事!
熊野の悲劇
永遠の餃子とラーメン。
火花
同じカテゴリー()の記事
 未来はそんなシャトルの回収業者も必要になるかも。 (2019-01-06 17:53)
 仕掛けはモヤモヤ、結末はブラックジョーク。 (2018-12-21 16:12)
 当時の読者の反応や如何に。 (2018-12-19 16:48)
 ポンコツと青大将の怪異談。 (2018-12-16 10:24)
 謎と伝染と一攫千金。 (2018-12-14 15:43)
 映像化したら面白くなりそう。 (2018-12-08 16:20)

Posted by らぼまる at 00:24│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。