2018年12月26日

オープニングで心つかまれて。



「わたしは目撃者」
72年公開。イタリア・フランス合作、ダリオ・アルジェント監督作品115分。原題は「9尾の猫」。エンニオ・モリコーネの音楽で始まるオープニングの雰囲気が好き。ここにすべてが詰まってるのも力量っすね。というか、ウィキしたら監督ってサスペリア2とかで有名な人で、僕とはまるで無縁な人だった(笑)そっち系が好きな監督だったのか、残念。でもこのサスペンスは面白かったです、カトリーヌ・スパークがめっちゃ可愛い。でも目撃者って誰のことなんだか。邦題が悪いっすね。では好きなオープニングの雰囲気をどうぞ。セリフも重要〜。



MYCODE(マイコード) 遺伝子検査キット ヘルスケア (検査レポートブック付)(1セット)



同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)
 具の割にコクがないポタージュみたいな。 (2018-12-24 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。