2018年12月05日

人体移植の果てのちゃぶ台返し。



海野十三「大脳手術」。1945(昭和20)年11月「富士」に掲載。人体パーツの売買と秘密の移植手術からあらぬ方向へ転がる話です。面白すぎる。今に至るいろんなジャンルの作品の小ネタがワンサカという感じです。そしてあの、このサイトでも紹介したキング・オブ・バカ映画「チレラマ」のごとく、ラストのラストにラストが(笑)あっ、傑作映画「アイデンティティー」の雰囲気も。ぜひぜひ。



ブレインコンテナ [ 脳みそ小物入れ ふた付き ]



同じカテゴリー()の記事画像
相撲問題
思いがけず景山さん
キター(死語?)音道刑事!
熊野の悲劇
永遠の餃子とラーメン。
火花
同じカテゴリー()の記事
 謎と伝染と一攫千金。 (2018-12-14 15:43)
 映像化したら面白くなりそう。 (2018-12-08 16:20)
 ボラギノールが解決にひと役。 (2018-12-06 17:03)
 アホらしいとシカトすることはカンタンだ。 (2018-12-01 16:20)
 SMに覚醒してエリートを棒に振った話、なのか。 (2018-11-29 16:30)
 銀座路地裏に蠢く秘密結社と夜の女 (2018-11-21 08:41)

Posted by らぼまる at 00:09│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。