2018年11月27日

まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。



「夜の蝶」
57年吉村公三郎監督、京マチ子、山本富士子、船越英二出演、92分。原作は川口松太郎「夜の蝶」。戦後10余年、この時代、東京の人口は800万人、大阪は300万人だったらしい。二人のママの因縁と復讐、関西デパートの東京進出に関わる男たちの裏切りと工作、戦争で将来を奪われた音大エリートの哀愁、ママの貢相手の医学生が背負う戦後の原爆の傷跡、そして酔っ払い運転も通常運転(笑)な時代。敗戦と高度成長のアンバランスに浮かれる時代。にしてもこの凄絶なラスト(ウィキ参照)は想像してなかっただけに、まさかまさかと途中からゾクゾクしてしまった。機会があれば是非是非。



銀座花のれん 銀座餅



同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)
 変態三重奏 (2018-11-17 14:56)
 ウィキを読んで背景を知っておこう。 (2018-11-14 16:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。