2018年11月19日

ネオンサインと屋根裏と路地と質屋と



海野十三「ネオン横丁殺人事件」。1931(昭和6)年「アサヒグラフ」10月号に掲載。この作品は名探偵帆村荘六が活躍する事件簿シリーズで、「本陣殺人事件」のような仕掛け重視のまともな推理(笑)小説なのです。なので、ファンタジーから入った僕にはちょっと肩透かし。仕掛けは科学的で面白かったけど、訳がわかって物足りない(笑)その流れでいうなら現代ってこの頃より息苦しくてつまんないのは当たり前だな。






同じカテゴリー()の記事画像
相撲問題
思いがけず景山さん
キター(死語?)音道刑事!
熊野の悲劇
永遠の餃子とラーメン。
火花
同じカテゴリー()の記事
 謎と伝染と一攫千金。 (2018-12-14 15:43)
 映像化したら面白くなりそう。 (2018-12-08 16:20)
 ボラギノールが解決にひと役。 (2018-12-06 17:03)
 人体移植の果てのちゃぶ台返し。 (2018-12-05 00:09)
 アホらしいとシカトすることはカンタンだ。 (2018-12-01 16:20)
 SMに覚醒してエリートを棒に振った話、なのか。 (2018-11-29 16:30)

Posted by らぼまる at 16:28│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。