2018年11月18日

マルコム・マクダウェルだ〜!



「ヴァンパイア・サック」
09年カナダ、ロブ・ステファニューク監督、91分。クロスロードで悪魔と契約やアビーロード、T・レックスのジャケットパロディ、超有名な伝説のロックスターの出演などは洋楽ロック音痴の僕にはそれほどのインパクトはなかったけど、コメディとしてまぁ面白かったのです。「時計じかけのオレンジ」のマルコム・マクダウェルがヴァン・ヘルシング役で出てるけどまぁ変わったなぁ(笑)しかも若い時のマルコムも画面に馴染んで出てくるのにビックリ。音楽はめっちゃロックというほどでもなかったな(最後の曲はまぁ良かった)。では予告編を。ドラキュラのにいちゃんは結構不気味でした。







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 変態三重奏 (2018-11-17 14:56)
 ウィキを読んで背景を知っておこう。 (2018-11-14 16:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。