2018年11月17日

うつらうつら聞くとクラクラします。



海野十三「不思議なる空間断層」。1935(昭和10)年4月「ぷろふいる」初出。朗読で体験。どうしても締めの意味がわからず(うつらうつらしながら聞いてたもんで)日を変えて3度も聞いてしまった。夢で殺人を犯した友人の話を聞く物語。しかしその殺人は実はという、夢と現が交錯する登場人物二人(後半三人)の会話劇。これが誰が誰だか夢うつつだとこんがらがって繰り返し聞くハメに。でも、面白いんですよ、海野作品。意識がはっきりしている時に読んだり聞いたりしましょう(当たり前だ 笑)






同じカテゴリー()の記事画像
相撲問題
思いがけず景山さん
キター(死語?)音道刑事!
熊野の悲劇
永遠の餃子とラーメン。
火花
同じカテゴリー()の記事
 謎と伝染と一攫千金。 (2018-12-14 15:43)
 映像化したら面白くなりそう。 (2018-12-08 16:20)
 ボラギノールが解決にひと役。 (2018-12-06 17:03)
 人体移植の果てのちゃぶ台返し。 (2018-12-05 00:09)
 アホらしいとシカトすることはカンタンだ。 (2018-12-01 16:20)
 SMに覚醒してエリートを棒に振った話、なのか。 (2018-11-29 16:30)

Posted by らぼまる at 23:45│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。