2018年11月13日

二階堂さん、ツカミが。



「日々ロック」
14年、入江悠監督作品、榎屋克優原作。もちろん原作も知らなかったです。しかし二階堂さん、初っ端のツカミになるはずの「雨あがりの夜空に」の歌が残念。これで説得力を失くした。あとはフツーの話とお安い結末があるだけ。細々としたオマージュやパロディとかもあるかどうかっすが、幹の話がアレなんでね。さらにエンディングの歌がまともだったのには重ねてガッカリ。良かったのはライブハウスのバイトのマチコちゃんが持ってたラムネがいつも食べてるラムネだった(笑)では予告編をどうぞ。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)
 変態三重奏 (2018-11-17 14:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。