2018年11月12日

未来はホントに来る。



蘭郁二郎「脳波操縦士」は1938年「科学ペン」9月号に掲載。今から80年前だ。その頃からの食料不足問題の解決と暮らしの電化と医療の進化、アンドロイド美少女に芽生えた恋心と嫉妬と誤解、そして全ての消失のファンタジー。現代はこの物語にどれほど近づいたか。人間ってすごいねぇ。







同じカテゴリー()の記事画像
相撲問題
思いがけず景山さん
キター(死語?)音道刑事!
熊野の悲劇
永遠の餃子とラーメン。
火花
同じカテゴリー()の記事
 謎と伝染と一攫千金。 (2018-12-14 15:43)
 映像化したら面白くなりそう。 (2018-12-08 16:20)
 ボラギノールが解決にひと役。 (2018-12-06 17:03)
 人体移植の果てのちゃぶ台返し。 (2018-12-05 00:09)
 アホらしいとシカトすることはカンタンだ。 (2018-12-01 16:20)
 SMに覚醒してエリートを棒に振った話、なのか。 (2018-11-29 16:30)

Posted by らぼまる at 08:57│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。