2018年11月03日

社長には無理かも



「スティーブ・ジョブズ」
13年アメリカ、ジョシュア・マイケル・スターン監督作品、122分。冒頭のiPodのプレゼン、かっこいいっすねぇ。いつの間にやらこのスタイルになっちゃった日本の大企業の社長プレゼンにはまだまだ違和感を感じる今日この頃、やっぱりこの国にはそぐわないのかも。とにもかくにもジョブズ素人(僕です)には分かりやすくて面白い作品だったです。流れる曲も馴染みの曲ばかりで心地よく懐かしかったのもグッド。では予告編をどうぞ。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)
 オープニングで心つかまれて。 (2018-12-26 17:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。