2018年11月01日

当たり屋も店じまい



「害虫」
02年、塩田明彦監督作品。ケータイとCDウォークマンが混在してるような時代だったのです、16年前は。ネットからまだ自由だった頃ですね。監督はヒロインこそが害虫だというけど、優しさも含め、害虫だらけの世の中に彼女は生きていて、ラストにまた新たな害虫の網の中へ消えていくけれど、この闘いに勝ち続けるとどんな大人になるのだろうか。蠱毒(こどく)の論理、万が一いい方向に昇華すればどうなるのだろう、とか。しかし、16年前に通用してた当たり屋という商売も、もう少ししたらなくなるかもなぁ。あっ、ヒロインの親友が蒼井優さんとは気づきませんでした(驚)では予告編をどうぞ。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ここにもニコラス。 (2019-01-19 09:27)
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。