2018年10月30日

沈黙の風景



「ストレイヤーズ・クロニクル」
15年、瀬々敬久監督作品、126分、原作は本多孝好著「ストレイヤーズ・クロニクル」。途中からどうでもよくなってボンヤリ見てた(笑)退屈でつまんない話だ。瀬々監督にはこんな手垢まみれのダサい話は似合わんなぁ。風景が黙り込んでスクリーンの中で死んでる瀬々作品なんて何てこったです。これほどのキャストならもっと面白いものが確実に作れただろうに、疑問だけが空回り。果たして超能力の仕業か。では予告編をどうぞ。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ここにもニコラス。 (2019-01-19 09:27)
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。