2018年10月28日

取引現場が矢切の渡しだった



「野獣の青春」
63年鈴木清順監督作品、原作は大藪春彦氏の「人狩り」、92分。この頃の映画は本当にいろんな顔が溢れてる。もうそれだけで楽しいっす。話も導入部からツカミはOK。近代化した組と昔ながらの組の対立もわかりやすい。そして麻薬の取引現場が矢切の渡し。歌では知ってたけど、現場は初めて見た。思わずストリートビューしてみました(笑)では予告編を。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ここにもニコラス。 (2019-01-19 09:27)
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。