2018年10月24日

意識改革への道は険しい。



「狼よさらば」
74年アメリカ、マイケル・ウィナー監督。リアルタイムで観たはずだが記憶にないのだ。せめてモリコーネのかっこいい音楽でもあればそれだけで残ってるのになぁ、何もかも地味な作品です。でも、自己防衛の国なんで銃社会を意識改革するのはなかなか難しそうです。マックイーンも枕の下に銃を忍ばせていたそうだし。イーストウッドも銃賛成派だし(そうっすよね)。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ここにもニコラス。 (2019-01-19 09:27)
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。