2018年10月23日

蘇る花火戦争



「贅沢な骨」
01年行定勲監督作品、105分。しかし行定勲作品には縁がない。初めて見たのはNMB48のPV「絶滅黒髪少女」でこれは良かった。長編は1~2本見てるはずだが記憶がない。これも多分その一本になってしまうかも。印象に残ったのは土手でいちゃつくカップルに打ち上げ花火を狙い撃ちするシーン。昔々、夏祭りの深夜、公園の広場で自然発生的に勃発した花火戦争の記憶が蘇った。打ち上げ花火が地を走りロケット弾が耳をかすめ爆竹が頭上で鳴り響く。よく誰も怪我しなかったもんだ。ラフで楽しい時代だったなぁ。2年続きました。では予告編を。







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ここにもニコラス。 (2019-01-19 09:27)
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。