2018年10月13日

自分は誰だろう。



「ディストラクションベイビーズ」
16年、真利子哲也監督・脚本作品。ただただ理不尽で凶暴な作品なのに引き込まれた。役者が渋い方面で豪華。主役を始めそれに絡む登場人物(端役の人も含め)全員の性格が違うので、自分は誰だろうと探してみるのも面白いです。音楽は向井秀徳さん、全く知りませんでしたが、主題歌「約束」良かった。が、もう僕の中で音楽は満タンなんで入りきれません(残)では予告編をどうぞ。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 蘇る花火戦争 (2018-10-23 15:36)
 ツカミはOK。 (2018-10-18 14:20)
 エンドロール三度見びっくり (2018-10-17 14:59)
 アメリカンスタンダード? (2018-10-15 15:41)
 あ、そこからの仕掛けかぁ。 (2018-10-12 15:10)
 伊坂作品とは露知らず。 (2018-10-10 16:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。