2018年09月22日

びっくり三連発。



「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」
17年公開、「川の底からこんにちは」の石井裕也監督作品。映画館で見るなら昼、家で見るなら夜、そんな映画っすかね。まぁ、居酒屋でぐだぐだ話して、そこから24時間喫茶に場所を変えてさらに始発までウダウダする内容なので、昔を思って懐かしかった。びっくりしたのはストリートミュージシャン役の女性がひょっとしたらと思ったらやっぱり横浜聡子監督作品「ジャーマン+雨」(ぜひぜひ)で主演した野嵜好美さんだった。大人になったなぁ。そして主演の石橋静河さんが石橋凌さんと原田美枝子さんの娘ってびっくり。誰かに似てるなぁと思ったけど原田美枝子さんだったのか。さらにびっくりは原作が詩集だったなんて。でも、深夜に「一握の砂」や「行乞記」を読んで動けなくなってるよりはマシか。では予告編をどうぞ。







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)
 変態三重奏 (2018-11-17 14:56)
 ウィキを読んで背景を知っておこう。 (2018-11-14 16:15)
 二階堂さん、ツカミが。 (2018-11-13 14:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。