2018年09月01日

前半がぶっ飛び。



「アイアムアヒーロー」
16年127分、佐藤信介監督作品。もちろん原作漫画は読んでません。なので、オープニングから30〜40分ほど(富士の樹海くらい)は思いもよらない展開とジェットコースター的スピード感に心持ってかれ。しかし、もともとゾンビ映画は好きじゃないんで中盤からはテンション下がり気味でクライマックスのスプラッタ祭りはなんだかお約束で慣れた。大泉さんがどこまでもヘタレキャラだったのはここで爆発するためのメリハリだったのかと。で、ラストは何も解決してないんで、その先がモヤモヤ。原作はもう決着してるんでしょうか。この結末だけではなんか「アイランド」のラストシーン(話はまったく違うけど)を思い出して宙ぶらりんな気持ちっす。では予告編をどうぞ





同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ウィキを読んで背景を知っておこう。 (2018-11-14 16:15)
 二階堂さん、ツカミが。 (2018-11-13 14:12)
 こだわりが邪魔 (2018-11-10 14:20)
 三者三様の美しさも必見 (2018-11-05 15:54)
 社長には無理かも (2018-11-03 15:25)
 当たり屋も店じまい (2018-11-01 16:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。