2018年08月26日

これぞアメイジング・グレイス?



「ベティ・ペイジ」
05年アメリカ、メアリー・ハロン監督作品。1930年代、ベティの高校時代は男子の憧れの的で成績優秀、敬虔なキリスト教信者でディベート部で活躍。トップで卒業し助成金で大学に行くはずだったが夢は叶わず、そこから1950年代へ思わぬ方向へ人生は転がっていく。この頃の場面を見てるとなんとなくマリリン・モンローと重なる気がして、見終わって検索したら裏マリリン・モンローと呼ばれてたそうな。なんか当たって嬉しい。彼女の人生ってまさに「アメイジング・グレイス」な感じ(と言っていいのかな)。では、予告編(本国バージョン)をどうぞ。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ウィキを読んで背景を知っておこう。 (2018-11-14 16:15)
 二階堂さん、ツカミが。 (2018-11-13 14:12)
 こだわりが邪魔 (2018-11-10 14:20)
 三者三様の美しさも必見 (2018-11-05 15:54)
 社長には無理かも (2018-11-03 15:25)
 当たり屋も店じまい (2018-11-01 16:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。