2018年08月25日

まさか同じ原作者だったとは。



「この世界の片隅に」
16年、片渕須直監督作品。今の今まで原作が「夕凪の街 桜の国」のこうの史代さんだと知りませんでした。テレビドラマを見て雰囲気が映画「夕凪の街 桜の国」に似てると思ったけど、まさか同じ原作者だったとは(恥)で、テレビドラマの中盤に本編を見ておこうと思った次第です。見た人がのんさんを評価する理由がわかりました。あの弱さと頼りなさげな声がクライマックスにグンと強くなる。年代ごとにグラデーションのように変わって行くすずさん、いいです。まだ未見の人は参考までに「岡田ゼミ」も見ておくとさらに見応えがあるかもです。ドラマでは現代編の香川京子さんがあの子を演じてるんですね。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ここにもニコラス。 (2019-01-19 09:27)
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。