2018年08月20日

制作意図が謎。



「シャドウ・スナイパー」
14年スペイン映画84分、デヴィッド・R・エリス監督作品。銃撃戦ならともかく標的にされてじわじわとなぶり殺しにされる展開は苦手だ。それを我慢して見たのに、どや顔でハンパな尻切れとんぼの終わりかたってどないやねん。傑作「激突」みたいな終わりかたを期待したのは間違いだったかぁ。冒頭の思わせぶりなエピソードはなんだったのか。これじゃ運の悪い悲劇だけ。作った意図がわからない。よくもまぁ企画が通ったもんだ。って、メインの二人はプレゼン内容にほとんど修正が入る設定なんすよね、何屋かわからんけど(笑)では予告編をどうぞ。







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ウィキを読んで背景を知っておこう。 (2018-11-14 16:15)
 二階堂さん、ツカミが。 (2018-11-13 14:12)
 こだわりが邪魔 (2018-11-10 14:20)
 三者三様の美しさも必見 (2018-11-05 15:54)
 社長には無理かも (2018-11-03 15:25)
 当たり屋も店じまい (2018-11-01 16:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。