2018年08月18日

アルビノ・クロウとでも。



「明烏」
15年福田雄一監督脚本作品。面白かった。けど、コレ芝居っす、映画じゃないっす。でも芝居ほどの耐性はないかぁ。狭間のアルビノっぽい存在か。それでラストがね、どんな締めで終わるのか、どうすんだろうと期待してたら、尻つぼみでした(笑)ところで舞台は海がほん近くの品川のホストクラブ。海へ身投げのシーンで、まったくテイストは違うけれど幕末の品川遊郭が舞台の名作「幕末太陽伝」の桟橋のシーンを思い出した。では本編予告編をどうぞ。ちなみにバーボンなら昔の後期、オールドクロウを愛飲してました。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ウィキを読んで背景を知っておこう。 (2018-11-14 16:15)
 二階堂さん、ツカミが。 (2018-11-13 14:12)
 こだわりが邪魔 (2018-11-10 14:20)
 三者三様の美しさも必見 (2018-11-05 15:54)
 社長には無理かも (2018-11-03 15:25)
 当たり屋も店じまい (2018-11-01 16:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。