2018年08月17日

吸入器持ちの探偵が新鮮。



「コンスピレーター謀略」
13年香港映画、オキサイド・パン監督脚本。見終わって検索したらシリーズ4作目の作品らしい。マレーシアの探偵が喘息持ちなのが親近感(小児喘息でした)。吸入しながら喧嘩って初めて見た(笑)キーとなるのが30年前のパナソニックのカセットテープとフィルムのサブリミナル的映像仕込み。テープはPCのデータ用でリアルタイムで知ってるのが高齢の証(笑)なので謎解きに新鮮味はなし。で、巨大麻薬組織のラスボスもなんかショボイ。結局はタイもマレーシアの人もどこかいい人っぽいねぇ、な映画でした。では予告編をどうぞ







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ウィキを読んで背景を知っておこう。 (2018-11-14 16:15)
 二階堂さん、ツカミが。 (2018-11-13 14:12)
 こだわりが邪魔 (2018-11-10 14:20)
 三者三様の美しさも必見 (2018-11-05 15:54)
 社長には無理かも (2018-11-03 15:25)
 当たり屋も店じまい (2018-11-01 16:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。