2018年08月12日

日常のギャップを楽しむ



「40ミニッツ」
09年韓国、86分。おかしなところはいろいろあれど、ま、そういうもんだから、という心で見ればけっこう面白い。でも、これは演出じゃなくお国柄だろうというシーンをふたつ。図書室の美人司書が受付でリンゴを剥いている。で、リンゴの汁が着いた手で本を触るって。ラストに見舞いにきた彼女が花瓶に活けてある花(枯れてたようには見えなかった)を取って横に置いて自分の持って来た花と入れ替えるって。こっちのほうがまさにスリルとサスペンス(笑)では韓国版予告編をどうぞ。





同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 意味深のようで実は半端で自己中 (2018-12-18 16:29)
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。