2018年08月11日

そこまで伏線張りますか。



「スキャナー記憶のカケラをよむ男」
16年金子修介監督、古沢良太脚本作品。小さな嘘と偶然の確信が招く復讐劇と哀しい救い。設定があるあるなんでお約束な展開か〜と思いがちですが、そこは古沢脚本、テンプレじゃないっす。前半、お笑いコンビ“マイティーズ"が乗ってる軽が可愛かったけど車種は何でしょう。喉まで出かかって出ない、気持ちワルッ。では予告編をどうぞ。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 意味深のようで実は半端で自己中 (2018-12-18 16:29)
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。