2018年08月08日

アイデアとカリスマ



59年日活、蔵原監督作品「地獄の曲り角」を見ました。しがないホテルのボーイから盗聴というアイデアで組長にまでのぼりつめ金の亡者となり猜疑と裏切りの中で堕ちていく物語。タイトルは博打のダイスゲームで、振ったサイコロがテーブルから落ちることを言うそうな。なかなか面白かったです。ソフト化はされてないような。で、59年と言えばあの時の人、世界のカリスマ会長がその世界と行き来し始めた頃ですか。時代はこんなだったんすね。




同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 意味深のようで実は半端で自己中 (2018-12-18 16:29)
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。