2018年08月06日

知らなくてもわかりやすい。



「国家の女リトルローズ」
10年ポーランド映画。67年から68年の反ユダヤの風が吹くポーランド。恋人が内務省保安局の職員だったことからスパイに仕立て上げられ過酷な運命を辿ることになる女性の物語。ポーランドとか全然詳しくないっすけど、わかりやすく楽しめたのでした。ラストはあれま!のビックリなどんでん返し。実話らしいです。日本版のがなく、本国での予告編バージョンをどうぞ。







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 意味深のようで実は半端で自己中 (2018-12-18 16:29)
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。