2018年08月05日

モヤモヤモヤの結論。



「味園ユニバース」
15年公開。見てから知った、山下敦弘監督作品だったのでした。天竺鼠の川原克己さんも気づかなかった。かぶり物をしてなかったんで(笑)二階堂ふみさんも最初わからなかった。渋谷すばるさんを見たとき、途中から歌勝負かと思ったら当たってた。しかし、始まりと終わりの印象がかなり想像と違って、それはちょっとがっかり目だったのでした。話も簡単で薄っぺらなような。そのわりにラスト間近の肝心の展開が解釈不可(あるいは解釈自由)でわかりにくい。消化不良っす。困ったものです。で、思った。これは渋谷さんのPVなんだと。それでガッテンガッテン。ではそんな予告編(英語字幕バージョン)をどうぞ♪






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)
 オープニングで心つかまれて。 (2018-12-26 17:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。