2018年08月03日

ポリュシカ・ポーレで踊れ話せ。



「ヤクザガール 二代目は10歳」
10年ロシア映画セルゲイ・ボドロフ、グカ・オマローヴァ監督・脚本、82分。いやぁ、ポリュシカ・ポーレを久しぶりに聴いた。ケイタイの着信も食堂で踊るBGMもポリュシカ・ポーレ。ことあるごとにポリュシカ・ポーレ。で、主役は組長の娘の荒川ちかさん。組長が六平直政さん、敵対する組員の新井浩文さん、ロシア映画なのに。全編フシギでオモシロイ。その一端を予告編でどうぞ〜。この映画でわかったこと、ロシアは千島列島を絶対に返さないらしい、そしていい言葉、2人で森に入ったら2人で出る、以上です。








同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 意味深のようで実は半端で自己中 (2018-12-18 16:29)
 ええ、そうでしょうとも。 (2018-12-12 23:38)
 始まりはモトクロスでラストはシェーン (2018-12-11 16:33)
 10余年はやはり昔であった。 (2018-12-07 15:43)
 まさかまさかのラストにゾクゾクゾワゾワ。 (2018-11-27 16:06)
 マルコム・マクダウェルだ〜! (2018-11-18 15:20)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。