2018年07月31日

タイトルも忘れる引力。



「ヒメアノ〜ル」
16年、吉田恵輔監督・脚本作品。始まって40分過ぎた頃にタイトル。ひきこまれてタイトルなど忘れてた。地味に上手い役者揃いだから安定の引き込まれ。吉田監督だと知って、あまりの作品のギャップにびっくり。車で逃亡のクライマックスの犬を避けるシーン。ラストの、高校時代に遡って自宅で遊ぶシーンの庭に愛犬。残虐で刹那でやりきれない全編の、最後の最後に切ない回答だ。では予告編をどうぞ。ちなみに脇を固める役者さん関連は「SR サイタマノラッパー」「SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー★傷だらけのライム」「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」をどうぞ♪







同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 時に辛抱も大事っす。 (2018-08-13 01:23)
 日常のギャップを楽しむ (2018-08-12 01:41)
 そこまで伏線張りますか。 (2018-08-11 08:56)
 画面に釘付け。 (2018-08-10 16:29)
 麻生さんと川栄さん (2018-08-09 17:45)
 アイデアとカリスマ (2018-08-08 14:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。