2018年07月26日

豪華すぎて薄まった



「電光石火の男」
60年日活、86分。赤木圭一郎、二谷英明、宍戸錠、浅丘ルリ子、白木マリ、吉永小百合の豪華キャスト。吉永さんは新人です。しかし、この時間ではぎゅうぎゅう詰め過ぎて女優陣は顔見せに近いかも。ちなみに赤木さん、歌はイマイチでした、二曲も歌いますけど。そして地元組長の息子がエリート警察官で、地元に異動してくるっていうワイルドな設定にもびっくり。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)
 オープニングで心つかまれて。 (2018-12-26 17:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。