2018年07月19日

理容みくりやは健在



「張込み」
1958年野村芳太郎監督作品、原作は松本清張氏の「張込み」。蒸気機関車の時代です。モノクロの街並や風景に名前を読み取ってストビューしてみるのがマイブーム。この作品では「理容みくりや」を検索してまだ健在なのを知った(たぶん同じ店だと思う、たぶんね)。話は地味すぎてどうなん?てな感じですが(予告編が解説するほどには入り込めん)、これを堪能できる人が羨ましい。ウィキによれば何度もドラマ化されてるので機会があれば比べてみたい。言わなければいいのにを言っちゃうと刑事の人妻観察日記かも(謝)






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)
 オープニングで心つかまれて。 (2018-12-26 17:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。