2018年07月17日

ジュリエットに娘がいたとは



「コース・オブ・スリーピング・ビューティ」
16年米公開。日本では未公開と思ってたら「スリーピングビューティー眠り姫と悪魔の館」というタイトルで日本版予告編があった。でも、DVD画像がないので、お母さんの「ロミオとジュリエット」を貼っときました(笑)というのはこの映画、なんとオリヴィア・ハッセーの娘インディア・アイズリーが眠れる美女で出てるのです。娘がおるのも知らんかった。で、最後の最後で地獄の釜のフタが開いて終わりとは。悪魔の正体はなんと!中途半端っちゃハンパですが、いろいろ雑過ぎますが、嫌いじゃない。70分ほどでけっこう楽しめます。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 あ、そうか、ゾンビとかゴジラとか。 (2019-01-17 15:07)
 ロシアで懐かしいiMacとeMacに会うなんて! (2019-01-15 16:15)
 ポージングが若干ムリっぽい (2019-01-14 00:25)
 薄暗い部屋にポッと火の点。流れる煙草の煙。かっこいい。 (2019-01-06 00:27)
 BGMなしが心地よい。 (2018-12-29 16:35)
 オープニングで心つかまれて。 (2018-12-26 17:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。