2018年07月04日

当たらずといえども遠からず



「ジャスティス これが法だ」
01年韓国115分。シリアスもコメディもアクションも恋愛もサスペンスもあれもこれもオンパレなんで、良くも悪くもこのあたりが韓国映画の標準と考えてみるのも当たらずといえども遠からず、かも(って、これ映画なのかドラマなのか?ですが)。基本はベタベタです。これは表現やセンスの違いはあれど、ルーツの「らしさ」です。






同じカテゴリー(映画備忘録)の記事画像
まさかのディラン!
またまたミニオン
こんなところにミニオン
アンノン族の先駆け「青春の風」
覚悟したのに「メガシャークVSジャイアントオクトパス」
買ってて良かった「13デイズ」
同じカテゴリー(映画備忘録)の記事
 ラストに収束するキュートな伏線 (2018-09-21 00:01)
 エロと食い物はアカン (2018-09-17 16:40)
 大政奉還とええじゃないかとくれば (2018-09-10 00:20)
 てんこ盛りでお腹いっぱい! (2018-09-08 00:36)
 なんすか、コレ。 (2018-09-06 16:00)
 パーマおばちゃんみたいやし。 (2018-09-03 00:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。